症例紹介case introduction
  • HOME
  • 症例紹介
  • 60歳女性 股関節と膝が痛い!まだまだ自分の脚で歩きたい!

60歳女性 股関節と膝が痛い!まだまだ自分の脚で歩きたい!

当院独自の高濃度Acti-PRPの注射で痛み激減

変形性ひざ関節症と変形性股関節症の症状が重なっていて、長距離歩行はとても困難で階段も辛い状態で来院されました。

早速、抗凝固剤が入っておらず、日本で認可された唯一のPRPを使用して右の股関節と両膝に注射をしました。

注射を打ってから数日で効果が現れはじめ、2週間もすれば、もともと10あった痛みが3に減少しました。股関節とひざの痛みが軽快したことにより歩行はグンと楽になりましたと喜ばれています。

PRPの有効期限は?

よく患者さんに聞かれるのは、PRPの注射をした後どのくらいの期間持つのですか?何回打たないといけないのか?という質問です。

まず、PRPの効き目について、関節の変形が強いほど注射の効果は弱いということです。もちろん個人差はあります。注射の回数も関節の変形が強いほど多くなります。

では、どれくらい持つのか。これも個人差があります。2ヶ月で痛みが戻ることもあるし、半年以上も効果が継続している人もいます。ただ、ヒアルロン酸の注射は全く効かなくていよいよ人工関節の手術を勧められている状態で、PRPの注射をして半年以上も痛みが軽快しているということは今までの保険治療ではあり得ない話でした。

この効果に私を始め整形外科の医師たちは皆さん驚かれ、最近では学会で数多くのPRPに治療結果の発表が見受けられます。

この痛みが軽快しているうちに筋力トレーニングなどのリハビリを行うことによって、もっと痛みのない期間が長くなるでしょう。

当院ではひざ関節以外にも、日本でも数少ない股関節や肩関節の再生医療も行なっておりますので、関節の痛みのお悩みがある方は一度カウンセリングにお越しくだされば、適切な治療をさせて頂きます。

 

                                 リペアセルクリニック
                                  院長 坂本貞範

トップ