症例紹介case introduction
  • HOME
  • 症例紹介
  • 70代女性 当院独自の日本初の高濃度ACTi-PRPで痛み激減!

70代女性 当院独自の日本初の高濃度ACTi-PRPで痛み激減!

肩腱板損傷に対して高濃度PRPで劇的に軽快

数年前から左肩が痛くて思うように挙がらず当院に来院する。初めは、ヒアルロン酸とリハビリ加療にて少しはマシになっていましたが、やはり肩の痛みで腕が思うように挙がらず。これでは日常生活も困難ということでPRPを4回行う。

日本で唯一の抗凝固剤の入っていない高濃度PRP

PRP4回でかなり回復するも、まだ、上の物を取ったり服を着たりするときに左肩の痛みが残る。

そんなとき、日本初の抗凝固剤の入っていない当院独自の高濃度PRPの認可が取れ、それを注射することにしました。普通、PRPというものは、必ず、抗凝固剤が入っています。当院の使用しているPRPにはそれが入っておらず、ご自身の血液だけを純粋に使用したもので、高濃度のPRPであることから、普通のPRPの10倍以上の効果があります。

この方も、一般のPRP4回しても治らなかった痛みが、なんとこの高濃度ACTiーPRPを1回注射するだけで、劇的に痛みが改善されました。私もこの高濃度PRPの威力には驚きました。

 

 

 

 

日本初の高濃度ACTi-PRP

 

                              リペアセルクリニック
                                院長 坂本貞範

 

トップ