症例紹介case introduction

70代女性 右肩腱板損傷に対するPRP治療

肩関節はなかなか治らない!

長い間、腕が上がりにくく、いままでの治療では良くならなかった

長年、ヒアルロン酸 ステロイドの注射 リハビリ 鍼灸とできる限りの治療をしてきたが、いまだに腕を上げると肩が痛くて日常生活が困難ということで当院でPRP治療を行うこととなる。

PRPの注射で嘘みたいに腕が上がる

私も長い間、外来で肩の患者さんを沢山診てきて、一番思うことは肩はなかなかよくなりにくいということです。

膝と違い、ヒアルロン酸で痛みが急に良くなることが少なく、また肩は拘縮と言って、肩の関節が鉄がサビて固まるように、関節が動きにくくなってしまうのです。

このサビをとるために、毎日リハビリしても半年以上または一年以上もかかる方は沢山いました。

五十肩と、肩の腱を痛めた肩腱板損傷の原因は違いますが、症状は良く似ており、この肩鍵板損傷は外来で見逃されることが多く見られます。

MRIを撮るとよく判別がしやすいです。

この方もMRIで肩の腱板という大事な腱が損傷していました。

この腱は腕を上げる時の初動動作で働く大事な筋肉です。よく五十肩と間違えられ、それに対する治療をしていても全然良くならない時、MRI撮ってみると腱板損傷だった、ていうことはよくあります。

腱板損傷であれば、腱の損傷が治らないといつまでも痛みはおさまりません。従来の治療では、痛みが治らなければ関節鏡を使った手術が必要です。

傷が小さくてすむのでいいのですが、後のリハビリと固定が大変です。最低2ヶ月は日常生活は困難となり、仕事復帰もかなりの期間がいるでしょう。

PRPなら術後のつらいリハビリがいらない!

PRPなら注射だけでの治療となります。もちろんリハビリは必要ですが、仕事しながら通院可能です。

PRPでも治らなければ幹細胞で腱の再生を!

やはり幹細胞治療が一番効果があります。PRPとは根本的に治療法が違います。

PRPには炎症を抑える効果はありますが、腱の再生はできません。

一方、幹細胞はいろんな組織に変化できるため、腱そのものに生まれ変わり、損傷した腱を再生できるのです。

これは、最先端の治療で厚生労働省に認可が必要です。当院でも多くの肩関節の治療で幹細胞を行ってきましたが、これにより手術しなくてい良くなった方が沢山おられました。

今後、幹細胞治療やPRP治療は、肩腱板損傷に対する治療に大きな進歩となるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                                                                             リペアセルクリニック
                                     院長 坂本貞範

トップ