症例紹介case introduction

PRP美容再生

PRPによる皮膚再生医療

PRP皮膚再生医療の前後比較

 

 

 

目の隈と目尻のシワが気になると言うことで水光注射によりPRPとほうれい線、目尻のシワ、首のシワ

に対してカニューラという特殊な針を使い施術を行いました。

PRPをしてその後から顔全体に張りが出てすでにシワが薄くなってきました。

ダウンタイムも殆どなく、痛みもなく喜んでいただけました。

麻酔クリームを使用しているため痛みも殆ど感じなかったとのことです。

1ヶ月後には目の下のクマや目尻のシワも目立たなくなって来ています。

PRPは2ヶ月目ごろからどんどん効果が現れてくるので、これからが楽しみとおっしゃっていました。

トップ