症例紹介case introduction
  • HOME
  • 症例紹介
  • 60代女性 膝のヒアルロン酸の注射が効かなくて辛い

60代女性 膝のヒアルロン酸の注射が効かなくて辛い

膝の幹細胞治療

約5年前から膝の痛みが出てきて、徐々に痛みが強くなり、近くの整形外科でヒアルロン酸の注射を定期的に受けていました。はじめのうちは注射で痛みがマシになっていたが、最近はヒアルロン酸の注射をしても3日ほどで痛みが出るとの事でした。それと同時に膝の関節の動きも悪くなり正座はできなくなり、しっかりと膝も伸びにくくなったそうです。レントゲン所見ではまだ末期というわけではありませんが、痛みが強くなると関節の拘縮の程度は重くなります。この時期には、痛くても膝の曲げ伸ばしを毎日少しでも行わないといけません。この時期にリハビリしている場合としない場合と比較するとかなりの関節の動きの違いが出ます。

膝の拘縮は半年以内であれば、しっかりリハビリする事でほとんどの方は元に戻りますが、それ以上放置しているといくらリハビリをしても元通りの膝の動きには戻らないことが多いです。再生医療をしても膝の拘縮はリハビリでしか改善しません。しかし再生医療をして痛みを軽くしてあげると膝の拘縮の改善のスピードアップが期待できます。

レントゲン所見

変形性膝関節症の幹細胞治療

レントゲンでは変形の中期。MRIでは、内側の半月板はほとんど消失しており軟骨もほとんどなくなっている。

<治療効果>関節に幹細胞5000万個を1回投与+PRP

当院独自の冷凍しない方法で培養した幹細胞を投与して約1ヶ月目は2割ほどマシになる。その後月が変わるごとに徐々に痛み軽減し、半年後には幹細胞治療をする前の5分の1ほどの痛みの軽減を認めました。同時にリハビリする事で関節の拘縮も大幅に改善しました。歩行もかなり楽になり喜ばれました。

 

<治療費>
・幹細胞治療 関節1部位 幹細胞数(2500万個~1億個) 
       投与回数(1回~3回)132~418万円(税込)
・PRP治療  1回 16万5000円(税込)
<起こりうる副作用>
・細胞採取部の内出血や創部感染、傷跡などが起こることがあります。
・症状のよりMRIやCTなどの検査を受けて頂く事があります。

 

ID0000184

監修:院長 坂本貞範

 

再生医療のリペアセルクリニックTOPトップ