症例紹介case introduction
  • HOME
  • 症例紹介
  • 50代女性 変形性股関節症に対する幹細胞治療

50代女性 変形性股関節症に対する幹細胞治療

金属アレルギーで手術ができない

この方は、5年前から両股関節に引っかかりが生じてその後から徐々に痛みが出現しました。30歳の時から踊りのバレーをしていました。ここ1年で痛みも増強し関節の動きも悪くなってきたそうです。人工関節を勧められていましたが、金属アレルギーがあるので手術は避けたかったところ、当院の再生医療を知って受診されました。金属アレルギーの場合、チタン性の人工関節が合わないこともあります。金属アレルギーがない方でも人工関節の手術後からアレルギー反応が出る可能性のあります。手術にはアレルギー以外に塞栓症や感染症など命に関わる合併症も少ない可能性ですがゼロではありません。手術には少なからずのリスクがあります。当院の幹細胞治療では全てご自身の細胞、血液を使い薬剤は一切使用しないのでアレルギーの心配はありません。しかし他院の再生医療の多くは、ご自身の細胞は使いますが、血液は牛の血液を使用する施設も多くあります。もちろん安全性は高いですが、アレルギーや狂牛病といったリスクはゼロではありません。

レントゲンでは両方の股関節の変形がみられます

変形性股関節に対する幹細胞治療

 

<治療効果>両股関節に各5000万個の幹細胞を2回投与+PRP

両方の股関節に冷凍ぜず作成した幹細胞を投与して1ヶ月で痛みは10分の4、2ヶ月目には10分の2まで痛みがなくなりました。その後も徐々に痛みは軽快し4ヶ月後には殆ど痛みは感じなくなりました。この方の場合、両股関節とも痛みがなくなりかなり順調な経過となりました。

 

その他の動画はこちら

<治療費>
関節1部位 幹細胞数(2500万個~1億個) 
投与回数(1回~3回) PRP治療含む 
132~418万円(税込)
<起こりうる副作用>
・細胞採取部の内出血や創部感染、傷跡などが起こることがあります。
・症状のよりMRIやCTなどの検査を受けて頂く事があります。

 

ID000253

監修:院長 坂本貞範

トップ