ブログblog
  • HOME
  • ブログ
  • 膝の水を抜くのは癖になるってホント?

膝の水を抜くのは癖になるってホント?

スタッフ ブログ 関節

膝関節 骨模型

皆様、こんにちは。

「膝の水を頻繁に抜くのは良くない」
「何度も抜くと癖になる」

というのを聞いた事がありませんか?

答えは…

水を抜くことで癖になるわけではありません。

もともと膝関節の中は関節液で満たされており、衝撃の吸収や関節の動きを良くする役割を果たしています。
これが膝の水の正体です。

水の量は正常では1cc程度ですが、
炎症によっては50cc以上溜まることがあります。

膝に水がたまる原因は、関節内で強い炎症が起こっているからなのです。

炎症が治まるまではある程度日数がかかり、それまでに再度水が溜まることが多いので、癖になると勘違いされるのかもしれません。

関節内の炎症が治まらない限りは、水が溜まった状態が続くことになるので、まずは炎症を抑えるための治療が必要となります。

当院ではPRP注射や幹細胞注射を行う際に、水が溜まっている場合は必要に応じて抜いてから注射をさせていただいております。

当院にお越しいただいた際には詳しく診察させていただきます。
お膝以外のお悩みのご相談も可能ですので、気になる方はお気軽にご相談くださいませ!

カテゴリ

トップ