ブログblog

免疫力を高めよう!

スタッフ ブログ 免疫

私たちの体には侵入してきたウイルスや細菌、体内で発生したガン細胞などを撃退する「免疫」という機能が備わっています。
「免疫」には病原菌が体内に入るのを防ぐ「粘膜」の働きと、体内に侵入してしまった病原菌をやっつける「NK(ナチュラルキラー)細胞」などの免疫細胞の働きがあります。
免疫力を高めるために毎日の生活の中で心がけたいことを紹介していきます。

●腸内環境を整え、善玉菌を増やす

免疫細胞の約60%は腸内にいると言われています。その免疫細胞を活性化させるには、腸内の善玉菌を増やす必要があります。善玉菌といえば1番に思い浮かぶのは乳酸菌ですね。
乳酸菌を多く含むヨーグルトやチーズなどの乳製品、納豆や味噌、キムチなどの発酵食品をとることで免疫細胞を活性化させましょう。もちろん、栄養バランスも大切です。

 

●体を温め、体温を上げる

免疫力は体温が1度下がると約30%低下し、1度上がると最大で5〜6倍上昇するといわれています。免疫細胞は血液の中にいますので、血行を上げることで素早く攻撃できるようになるのです。ゆっくり入浴することで疲れた体を芯から温め、免疫力を高めましょう。
また、睡眠中は免疫細胞が活発になりますので、温かくしてぐっすり眠りましょう。

●ストレスを溜めずにリラックスする

ストレスが溜まると交感神経の緊張状態が続き、免疫力が下がることが解っています。ストレスを発散してリラックスをすることで副交感神経を優位の状態にすることが必要です。ただ、副交感神経が優位の状態ばかりでも免疫力は下がることが解っていますので、日中は適度な緊張、夜間はリラックスしてしっかり体を休めるという自律神経のメリハリが必要になります。

 

当院では、代表的な免疫細胞のひとつであるNK(ナチュラルキラー)細胞を培養により増やして、点滴で身体に戻す「高活性NK細胞免疫療法」を行なっております。免疫細胞も常に新陳代謝を繰り返し、新しいものに入れ替わっています。免疫細胞の数も人により違いますし、体調によっても変わってきます。再生医療では自らの免疫細胞を活性化させ、増やすことで免疫力を高めることができるのです。

カテゴリ

トップ