ブログblog

ひざのPRP治療の効果

ひざの痛み PRP治療

ひざの痛みにPRP治療

 

以前から膝の痛みがありヒアルロン酸の注射をしても2日でまた痛くなり

歩行も困難なためPRPを行いました。もともと人工関節をすすめられていましたが、手術は避けたいとの事。

PRPは自分の血液から作られるものでありアレルギーや拒絶反応はほとんど無いので安心して受けられます。

採血をしてPRPを分離する

 

このかたは、5回注射をして痛みは軽減され歩行も楽になって喜ばれました。

利き目にはもちろん個人差があります。また、効果の持続性も異なります。

膝の関節変形が強い場合は、PRP後また痛み再発した時は、幹細胞培養による再生医療の方が

軟骨再生もされるのでオススメです。

 

PRPを関節内投与
PRPの入った注射