ブログblog

膝の症例 現役プロスポーツ選手

ひざの痛み スポーツ医療 培養幹細胞治療

現役プロスポーツ選手の膝の症例 

 

元日本代表の選手が来られました。今でも現役としてスポーツをされていますが、膝の半月板損傷

軟骨の損傷で思うように動けず全力で試合が出来ない日々が続いていました。そんなとき再生医療を知って

当院紹介され、脂肪幹細胞の治療を受けることになりました。

 

幹細胞1000万とPRP投与し1週間目から痛みが軽減する。その後1億の幹細胞とPRPを2回投与する。

徐々に痛みは軽くなり約3ヶ月後には激しい試合にも参加できるほどまで回復されました。

 

投与して2ヶ月後のMRIでも欠損していた軟骨部の再生もみられる。

幹細胞の投与前と投与後のMRIの比較画像