ブログblog

O脚が続くと変形性膝関節症に⁉️

スタッフ ブログ 関節

日本人は靭帯の位置や筋肉の走る方向などに特徴があるため、O脚になりやすいと言われています。

O脚が長く続くと膝の内側に負担がかかってしまい、関節軟骨が部分的に擦り減ってしまいます。骨同士が擦れ合うと痛みが生じます🦴また、生体の防御反応により骨が必要以上に硬くなってしまいます。その結果起こるのが「変形性膝関節症」です。

「変形性膝関節症」が進むと膝が痛み、走れなくなったり、階段の上り下りができなくなったり、正座ができなくなったりします。さらに進行すると歩く事が辛くなり、生活の質が下がってしまいます。

O脚はエクササイズやストレッチである程度の改善が期待できます。足の内側の筋肉を鍛えたり、股関節を柔らかくして骨盤の歪みを矯正しましょう。日々の生活に取り入れて、無理なく少しずつ体を慣らしていくことが肝心です☝️

もちろん「変形性膝関節症」の原因はO脚だけではありません。太りすぎによる膝への負担や運動不足、筋力低下も大きな要因になります。

「変形性膝関節症」の症状が進行し、整形外科を受診すると手術を勧められることが多いと思います。当院で行なっている幹細胞治療やPRP治療、リハビリ治療は手術をしたくない方の最後の治療法として選択して頂くことができます。

詳しくはホームページ「ひざの痛み」をご参照下さい。
興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。
✉️メール相談はこちら

カテゴリ

トップ