ブログblog
  • HOME
  • ブログ
  • 再生医療ってそもそもなんだろう?

再生医療ってそもそもなんだろう?

はじめまして。看護師の大城です。

再生医療の事を勉強していくうちに人間の修復力と可能性にとても驚かされました。どなたでも再生医療の事を身近に感じて頂けるようにブログを書かせていただきますのでよろしくお願い致します。

まず、再生医療ってそもそもなんだろう?

“人体の組織が欠損した場合に体が持っている自己修復力を上手く引き出して、その機能を回復させる医学分野における医療行為” ※Wikipediaより引用

うーん。わかるようなわからないような。

トカゲやイモリはしっぽを切られてもすぐに再生しますよね。赤ちゃんは怪我をしてもすぐに治ってしまいますよね。それってなぜだろう??

「幹細胞」というものが関係しているようです。トカゲやイモリは「幹細胞」が普段から全身にたくさん待機しているようです。

赤ちゃんの体内には80歳のお年寄りに比べて約200倍の「幹細胞」が存在するようです。

それなら、幹細胞を培養で増やして体内に戻してやればいいんじゃないの?という発想で始まったのが幹細胞による再生医療です。

なんだかすごくワクワクしますよね!

もっと「再生医療」や「幹細胞」について知りたくなってきましたが、今日はこの辺で失礼致します。

トップ