ブログblog
  • HOME
  • ブログ
  • 第1回エステブログ☆「幹細胞培養美容液の導入」について

第1回エステブログ☆「幹細胞培養美容液の導入」について

さっそく第一回目!(前回のブログはこちら)

再生医療メディカルエステの一番のメイン

「幹細胞培養美容液の導入」について

ご紹介させていただきます♪

まず「幹細胞」とは、新しい皮膚細胞を作り、ダメージを受けた細胞を修復する能力も持っている、これからの成長を促す赤ちゃん細胞のことをいいます。

そして当院では、皮膚浸透技術”PDS”を導入した専属CPCによる”オリジナル幹細胞コスメ”を使用したメディカルエステティックを行なっております。

「専属CPC」とは当院の幹細胞治療で細胞を培養する施設のことをいい、ヒトの脂肪から採取した幹細胞を培養する際に、細胞から分泌する培養液を抽出しております。

また「PDS」とは粒子伝達システムの略をいいます。私達のお肌は、皮脂膜で覆われバリア機能で守られている為、大きな分子成分はお肌の奥には浸透しません。ですが粒子状態でナノコートできるPDS技術により、皮脂膜と細胞間脂質の親和性を高め皮膚深部まで浸透させることができます。

今「幹細胞コスメ」では ヒト・動物・植物 と、様々な成分が配合されたものが流行しておりますが、より高い効果を期待する方にはやはりヒト由来をオススメします。

その中でも組織再生効果が高く、安全で浸透性のある培養美容液を使用することで、老化してしまった組織を再生し、シミやシワ、たるみ、乾燥肌、敏感肌など、全てのお肌のお悩みを根本改善に導きます✧

では次回は、当院の幹細胞培養美容液の導入で使用する機器についてご紹介させていただきます!

ご高覧くださりありがとうございました🌹

続きはこちら→第2回

トップ